MENU

アルギニン、しじみから摂取できる量はどれくらい?

『アルギニン』をご存知でしょうか。アルギニンは必須アミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促し、筋肉組織を強くしたり、免疫力を高める効果もあるという、今非常に注目を集めている栄養素の成分の一つです。

 

鶏肉や羊肉をはじめとする肉類の他、大豆、乳製品、魚介類等、主に『タンパク質が豊富な』食品に多く含まれており、魚介類では特にエビやしじみ等の貝類に多く含まれています。

 

例えばしじみ100gあたりには約329μgのアルギニンが含まれています。この様に食品から摂取する事が出来るの成分なのですが、実は現代人に不足しがちな成分なのです。

 

アルギニンには新陳代謝を活発にしたり、血流を良くする働きもあるため、肥満改善、美肌、育毛等の様々なアンチエイジング効果も期待できます。ですから、肌の悩みがある方、冷え性の女性等は注目です。

 

また、必須アミノ酸であるアルギニンの効果を効率的に得るためにはビタミン群が必要なため、ただ単にアルギニンの多い食品をとるだけでなく、ビタミンを含む食品等との組み合わせを考えて摂取すると良いでしょう。

 

(例えば、豆腐としじみとほうれん草のお味噌汁等)また、シジミ以外でアルギニンを多く含む食品に、ナッツ類も挙げられますが、ナッツは脂肪分も豊富なため、採りすぎは体によくありませんので、その食品が含むほかの栄養素も考えながら、上手く献立を経てるようにしましょう。

 

しかし、日々の食事からだけでは一日の総摂取量の目安である2gに届かないこともあります。そういった場合には、サプリメントで補給すると良いでしょう